アジア初。カーボンニュートラルサービス EcoCart導入

TBMが運営するECサイト「ZAIMA」、
米「EcoCart」とアジア初の連携により、配送時の
カーボンオフセット機能を導入
〜商品配送におけるCO2排出量の可視化・植林や森林保護活動への寄付を開始〜

 

株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下TBM)は、EcoCart(本社:米国サンフランシスコ市、CEODane Baker)が提供するカーボンオフセット*機能をアジアで初めてTBMが運営するECサイト「ZAIMA(ザイマ)」に導入します。EcoCartは、複数の大学などのライフサイクルアセスメントの研究結果を組み合わせ、独自に構築したアルゴリズムによってECにおける製品の製造工程や物流工程でのCO2排出量を算出し、国際基準に則り検証されたカーボンオフセットのプロジェクトと連携しています。

ZAIMAを通じて、各商品の配送におけるCO2排出量をEcoCartが提携している森林植樹などのカーボンオフセットプログラムへ寄付することで、オフセットが可能になります。今後、ZAIMAでは、EcoCartのカーボンオフセット機能を提供することから、商品の購入時に、配送がもたらす環境に対するインパクトを正しく理解でき、さらに環境に配慮した商品選択の在り方を追求していきます。

*カーボンオフセットとは、日常生活や企業等の活動で、どんなに努力をしても発生してしまうCO2(=カーボン)を、森林による吸収や省エネ設備への更新により創出された他の場所の削減分で埋め合わせ (=オフセット)することです。