肌を守る風合いと
抗菌性に優れたタオル

Bio Towel は、上質なコットンに
サトウキビから生まれたポリ乳酸繊維
PlaX Fiber (プラックスファイバー)を掛け合わせる
こだわりの製法によって作られた
柔らかな肌触りの今治産タオルです

綿100%のタオルを上回る優れた吸水性や
肌を常に清潔に保ち、部屋干し臭も気にならない
抗菌性と消臭効果を日常生活で実感させてくれます

商品一覧

バスタオル
60×120cm

入浴後の使用に適した、 大判で快適に使えるサイズ
  

商品ページはこちら

ユーティリティータオル
34×120cm

バスタオルの横幅が約半分になったコンパクトさで、 スポーツ時から入浴後まで使える万能サイズ

商品ページはこちら

フェイスタオル
34×80cm

洗顔や手洗い後に使いやすく、 外出時にも首からかけやすい定番サイズ

商品ページはこちら

タオルハンカチ
25×25cm

バッグやポケットに入れて持ち運びやすい コンパクトサイズ

商品ページはこちら

Bio Towelをもっと知る

  • ▼人肌と同じ弱酸性 だから肌に優しい
  • ▼独自の配合で 高い吸水性
  • ▼ポリ乳酸は、 素材自体が抗菌性と消臭性
  • ▼今治タオルは、世界が注目するジャパン・クオリティ
  • ▼ポリ乳酸を改良した PlaX Fiber
  • ▼貴重な環境資源を守る
  • ▼PlaX Fiberに 置き換える効果
  • ▼SPECIAL THANKS

人肌と同じ弱酸性
だから肌に優しい

ポリ乳酸の糸は健康な人肌と同じ弱酸性で、手術の際に縫合糸としても使用されるほど、肌に優しい素材です。Bio Towelはポリ乳酸と上質なコットンを組み合わせ、肌へのやさしさを追究しました。

独自の配合で
高い吸水性

コットンとポリ乳酸を独自の配合で撚り合わせた糸を使うことで、高い吸水性を実現しました。

第三者機関による吸水指数を検査する試験では、1,043という数値を計測。これは高吸水の基準である800を超え、一般的なコットンタオルを大きく上回ります ※1

商品をもっと知る>>

ポリ乳酸は、
素材自体が抗菌性と消臭性

ポリ乳酸は素材から抗菌・消臭性を保持しています。部屋干しでも臭いが気になりません。部屋干し臭の原因となるモラクセラ菌をはじめ、様々な菌に対しての抗菌性や、におい成分に対する消臭性が第三者機関の鑑定によって認められています。※2 ポリ乳酸は素材自体に抗菌、消臭効果を保有しているので、繰り返し洗濯をしても効果が持続します。

今治タオルは、
世界が注目するジャパン・クオリティ

愛媛県今治市は、120年もの間、タオル産業が受け継がれてきたタオルの聖地。温暖な気候と豊かな水源。この恵まれた自然が、日本屈指のタオル産地・今治を育てました。

タオルのやわらかさと吸水性の高さは、近年さまざまな海外の展示会などでも注目を集め、世界にもその名を広げています。 Bio Towelはポリ乳酸という新素材と、今治タオルの品質が合わさった世界初のタオルとなります。

認定番号 第2022-288号

ポリ乳酸を改良した
PlaX Fiber

こだわり抜いた素材、PlaX FiberはBioworks社※3が開発した改質ポリ乳酸を使用した繊維です。

ポリ乳酸は、サトウキビやトウモロコシを原料にした石油等を使わない植物由来の素材です。 燃やしても大気中のCO2を増やさない、カーボンニュートラルと認められています。 そして、使用後には一定の環境で水と二酸化炭素に分解することができる生分解性の素材です。 Bioworks社は、ポリ乳酸に独自開発した植物由来の添加剤を加えることで、ポリ乳酸の弱点を改良した「PlaX」の開発に成功。 そのPlaXから作られたPlaX Fiberは繊維製品としての品質と、ポリ乳酸の持つ機能性、環境性を備えた植物由来の素材です。

商品をもっと知る>>

貴重な環境資源を守る

ポリ乳酸は、石油由来ではなく持続可能性のある資源であるサトウキビやトウモロコシが原料。さらに一定の環境下で生分解し、燃やした場合でも二酸化炭素の排出量が少ないことも特徴です。 また、コットンに比べて製造までの水の消費量が少ないと言われています。

PlaX Fiberに 置き換える効果

PlaX Fiber(プラックスファイバー)は、人に優しく、地球の環境問題への貢献にも繋がる新素材。
原料であるポリ乳酸は、素材自体が弱酸性で抗菌。お肌が敏感な方にも安心しておすすめできる素材です。

外部環境

・日本で消費されたコットン1t分の生産による水の消費量は約9,967㎥※4であり、Tシャツ1枚あたりバスタブ12杯分の水を使用することになります。
・繊維産業は世界の温室効果ガス排出量の約10%を占めており、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局によると、航空業界と海運業界の合計を上回るエネルギーを使用しています。繊維業界が及ぼす影響は、世界規模の炭素排出に限られません。業界は全世界の廃水の約20%を生み、しかも繊維素材のほとんどは再利用可能であるにもかかわらず、その85%は最終的に埋め立て産業または焼却処分されているからです。※5
・経済産業省製造産業局繊維課によると、日本では不要となった衣料品が毎年約100万トン以上廃棄され、その9割が埋め立てまたは焼却処分されています。

環境貢献

・ポリ乳酸は植物由来なので、有限資源である石油を原料としていません。 ・トウモロコシやサトウキビ等、植物由来の原材料を使用しているため、燃やしても大気中のCO2を増やしません。(カーボンニュートラル)
・使用後には、一定の環境で水と二酸化炭素に分解できる生分解性の素材です。

SPECIAL THANKS

株式会社ジョージクリエイティブカンパニー
代表取締役 天野譲滋 / GEORGE AMANO

今回、ジョージクリエイティブカンパニーではBioworks様の新素材を使った「Bio Towel」のロゴデザイン、パッケージデザイン、商品ステートメントのお手伝いをさせていただきました。 私自身、今回のプロジェクトに参加するまで「PlaX Fiber」という植物性由来の弱酸性な繊維素材があることを知りませんでした。 昨今、世の中では「サステナブル」や「SDGs」という言葉をよく聞くようになりました。エコバックやレジ袋を始め、消費者の行動も徐々にですが変わってきていると感じています。 そのような中で、この「Bio Towel」は、 「消費者目線で地球環境に良いことを選んで欲しい。」という想いから、「肌にも地球(ほし)にもやさしい選択を」という商品ステートメントを提案させていただきました。 今後、引き続き「PlaX Fiber」を活用した商品が進み、サステナブルな商品が多くの人の手に届くことを願っています。

【プロフィール】
京都生まれ。話題性と売れる物販や飲食のショッププロデュース。メーカーとデザイナーをディレクションした売れる商品開発、リアルな企業戦略プロモーションやマーケティングを多数手がける。 デザインビジネスプロデューサーとして「デザイン」をビジネスとして成立させるプロフェッショナルとして活躍。前職では、ライフスタイルショップのシボネと国立新美術館のスーベニアフロムトーキョーや全国に多店舗展開のジョージズを創業。放送作家の小山薫堂率いる株式会社オレンジ&パートナーズと資本業務提携し、グループ会社になる。

バスタオル
60×120cm

入浴後の使用に適した、 大判で快適に使えるサイズ
  

商品ページはこちら

ユーティリティータオル
34×120cm

バスタオルの横幅が約半分になったコンパクトさで、 スポーツ時から入浴後まで使える万能サイズ

商品ページはこちら

フェイスタオル
34×80cm

洗顔や手洗い後に使いやすく、 外出時にも首からかけやすい定番サイズ

商品ページはこちら

タオルハンカチ
25×25cm

バッグやポケットに入れて持ち運びやすい コンパクトサイズ

商品ページはこちら

注意事項

・抗菌とは「製品表面の細菌増殖を抑制する」ことを言い、菌を一時的に死滅、除去する「殺菌」や「除菌」とは異なります。
・肌に異常がある場合および肌に合わない場合は、使用を中止してください。
・本製品に含まれるPLAは生分解性素材であり、保存状況によっては分解することがあります。
・商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが、お使いのモニター設定、お部屋の照明や日光の当たり方等によって、実際の商品と色味が異なる場合があります。
・洗濯機の容量を超える状態で洗濯するよりも、余裕のある量での洗濯をオススメします。
・柔軟剤を多用すると繊維がすべりやすくなり、糸抜けや毛羽立ちの原因となります。
・ドラム式洗濯機の場合は、水の量が少なめに設定される為、ネットに入れて水量を少し多めに設定をオススメです。
・直射日光にあたると糸が傷んでしまい、ボリュームがなくなってしまう可能性がありますので、陰干しを推奨します。
・つけ置きや濡れたままでの放置をすると、水道水に含まれる塩素で変色する場合や臭いやカビの原因になることがあります。
・パイルが抜けたときは根元部分をハサミでカットしてください。抜けたところは引っ張らず、パイルの高さに揃えカットしてください。
・長時間の乾燥機のご使用は繊維が傷んでしまい、毛羽落ちや縮みがおきやすくなりますのでご注意ください。
・塩素漂白剤の使用は色落ちの原因になりますので、お避けください。
・糸が溶けて固くなる可能性がありますので、アイロンがけはお避けください。

注釈

※1 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センターにて、高吸水性タオル(洗髪用)認定基準吸水性試験を実施
※2 一般財団法人 ニッセンケン品質評価センターにて、消臭性試験・抗菌性試験を実施
※3 Bioworks株式会社 https://bioworks.co.jp/
※4 自社調べ, コットン1kgの生産に必要な水の量:WWF, 日本で消費された繊維製品の生産によるウォーターフットプリント(グリーンウォーターとブルーウォーターの合計)、データに基づき、 約 9,968 L/kg × 0.25 kg/枚=約 2,492 L/枚 Tシャツ1枚に必要な綿のウォーターフットプリント:約 2,492 L/枚 ÷ 200 L/杯=約12.5 杯/枚 にて算定。Tシャツ1枚の重量:250 gを想定
※5  United Nations Climate Change, UN Helps Fashion Industry Shift to Low Carbon https://unfccc.int/news/un-helps-fashion-industry-shift-to-low-carbon

送料について

814円(税込) ※沖縄・離島など一部地域への配送は、上記+1,320円(税込)がかかります。
5,000円以上購入(税込)で送料無料