LIMEX Flower

¥7,700

 商品仕様 (1本あたりのサイズ / 素材)

・オーガスタリーフ (全長:99cm、葉長:48cm / LIMEX、鉄)
・サクラスプレー (全長:89cm、花径:2.5~3.5cm / LIMEX、鉄)
・ピオニースプレー (全長:60cm、花径:14cm / LIMEX、PE、鉄)
・オーガスタリーフ (全長:99cm、葉長:48cm / LIMEX、PE、鉄)

カラー:ホワイト・ライトピンク
3営業日以内に発送予定

STORY

しっとりとした風合い、
部屋を引き立たせる。

2年をかけた挑戦。
LIMEX Flowerを
完成させた
開発者(株式会社ポピー)のコメント

現在世界的に大きな問題とされる地球温暖化対策、及びSDGsの掲げる目標に対し、メーカーとして今後何をすることに よって社会貢献出来るかを社内で検討しました。「プラスチックではない原材料」を使用した造花の開発が出来ないかということが出発点となりました。

工場とは、何度となく協議や調整作業を繰り返し、構想から約2年後、世界で初となるプラスチックを使用していないアーティフィシャルフラワー(造花)が完成しました。
多くの方に、LIMEX Flowerならではのしっとりとした風合いを楽しんでもらいたいと思います。

DETAIL

耐水性のあるLIMEX、場所を選ばず彩れる。

生花をリアルに再現。
劣化しにくいアーティフィシャルフラワー(造花)

お部屋や玄関先でも、アクセントの一つとして場を彩ります。またアーティフィシャルフラワーは、生花の持ち込みが禁じられている病院でのお見舞い用の花など、近年あらゆるシーンでも活用されています。
長期間保管することができ、繰り返し利用することができるため、廃棄物を削減することができます。

美しい、地球の未来を描こう。

このLIMEX Flowerは、
石から生まれました。

主原料は石灰石。ポピー独自の成型技術により軽量化を実現し、高級感のあるマットな質感が特徴です。近年インテリア業界で注目されているドライフラワーとの併用で、ファッション性のあるアレンジメントもお楽しみいただけます。

MATERIAL
こだわり抜いた素材、
LIMEX。


LIMEXはTBMが開発した紙・プラスチックの代替となる次世代素材。TBMは2014年に「LIMEX」の国内特許を取得しており、基本特許は世界40か国以上で出願。日中欧米を含む30か国以上で登録済です。

主原料の石灰石(limestone)は、日本で100%自給自足できる資源。世界各地の埋蔵量も豊富で、かつ高効率でリサイクルも可能なため、ほぼ無尽蔵と言っても過言ではありません。製造過程で木材や水をほとんど使用しないため、限りある地球の資源を守ることができるだけでなく、製品のライフサイクルで二酸化炭素の排出量も抑えることができます。

EFFECT

LIMEX Pelletに、
置き換える効果。

LIMEX(ライメックス)は、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材です。 日本で生まれたLIMEXは、石灰石を主原料にプラスチックの代替製品を成形すること、またリサイクルも可能です。

外部環境 01

年間約800万トン、累計約1.5億トンのプラスチックが海に流出。その結果、2050年には海においては魚よりもプラスチックが多くなると予測されています。※1

外部環境 02

新興国等の人口増加・経済成長により、世界のプラスチック生産量は、2018年対比で2030年に約1.5倍、2050年には約3.1倍まで生産量は増加すると予測されています。※2

環境貢献


・LIMEXの主原料である石灰石は世界中に豊富に存在し、資源に乏しい日本でも240億トン※3が埋蔵されており、枯渇リスクが非常に低い自給自足できる資源です。
・資源の地産地消を行うことでコンパクトなサプライチェーンが構築でき、環境負荷を低減することが可能です。
・LIMEXの主原料である石灰石は石油由来プラスチックと比べて、原料調達時のCO2排出量は約50分の1、焼却時のCO2排出量は約58%※4少ない素材です。石油由来プラスチックからLIMEXにすることで、地球温暖化の要因となる温室効果ガス排出量を抑制する効果があります。

注意事項

・LIMEX Flowerを飾る場所は、屋内をおすすめします。
・直接日光の当たる場所や、高温・多湿の場所での使用または保管はしないでください。
・LIMEX Flowerで使用している素材は、全てがLIMEX素材ではなく、鉄芯も使用しています。

注釈

※1 Ellen Macarthur Foundation, The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics & catalysing action https://ellenmacarthurfoundation.org/the-new-plastics-economy-rethinking-the-future-of-plastics-and-catalysing
※2 Plastics Europe, Plastics – the Facts 2019, World Economic Forum, The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics http://www3.weforum.org/docs/WEF_The_New_Plastics_Economy.pdf
※3 経済産業省 資源エネルギー庁, 平成21年度 埋蔵鉱量統計調査結果
※4 自社調べ, ポリプロピレン・ポリエチレンの燃焼時のCO2排出量:一般社団法人プラスチック循環利用協会『プラスチック製容器包装再商品化手法およびエネルギーリカバリーの環境負荷評価(LCA)』, 石灰石:炭酸カルシウム(CaCO3)100%と想定し、化学反応式より算定(ポリプロピレン1kg分の体積を想定)、ライフサイクルインベントリ、LCIデータベース IDEA version 2.3,(国立研究開発法人産業技術総合研究所安全科学研究部門社会とLCA研究グループ、一般社団法人サスティナブル経営推進機構)、LIME2

送料について

1,650円(税込)
※沖縄・離島など一部地域への配送は、上記+3,245円(税込)がかかります。

You may also like